知っておこう!加圧トレーニングの危険性

加圧トレーニングの危険性とは一体何なのか。 - 実践前には目を通しておきたい!加圧トレーニングの危険性

更新情報

アーカイブ

実践前には目を通しておきたい!加圧トレーニングの危険性

良いこと尽くしに思われがちな加圧トレーニング。
しかしそこにはデメリットや危険性も隠されています。

長時間のトレーニングは禁物

適度な加圧を与えることにより、高い効果を発生させるのが加圧トレーニング効果的な方法を正しく行うことです。
そして短時間でも大きな効果をもらすことでも知られています。
そこで気を付けなければならないのは、長時間のトレーニングは禁物だということです。
長時間トレーニングを行ってしまうことで、静脈血栓が発生してしまり、しびれや皮下出血の可能性が高まります。

専門家の知識が必要

tytyt
加圧トレーニングとは、身体に加圧を与えることが前提です。
そのため少なくても身体には「危険な要素」を含んでいます。
そのため実行するためには、専門的なトレーナーの知識や指導のもとで、適切な時間、加圧などの手順を踏まなくてはなりません。
ランニングやウォーキングなどのように「マイペース」に実行に移せるほど敷居は低くありません。

成長ホルモンという観点だけでは弱い

加圧トレーニングにより、豊富に分泌されると言われているのが、成長ホルモンです。
しかし一概に、成長ホルモンだけに焦点を当て、ダイエットや筋力アップに結び付けるのは、少し決定打に欠けるようです。
医学的な根拠としての証明にはなりづらいため、信頼しすぎるのも注意が必要です。

一言で言うならば・・・発展途中の高機能トレーニング法

加圧トレーニングは万能ではあるものの、開発途中にある方法であることも否めません。
トレーニングと効果の因果関係は証明されてはいるものの、その統計データは決して豊富とは言い切れません。
ですがかなり有効なトレーニング方法であることは確かです。
ある程度の心づもりのある方であれば大丈夫ですが、生半可な手を出すのであれば止めておく方が賢明です。
また、筋力を付けたい方にはオススメですが「手っ取り早く痩せたい」そう思われている方には、少し的外れな方法と言えます。
「加圧トレーニングの名前は知っている、でもそのメカニズムや効果は知らない」そんな方が多いようです。
ここでは、そんな加圧トレーニングの基礎知識をお伝えします。

加圧トレーニングのメカニズムとは?

加圧トレーニングとは、日本発祥の新しいタイプのトレーニング方法です。
現在では、世界にも広く普及しています。
身体本来に備わるメカニズムをフル活用したトレーニング方法で、成長ホルモンの分泌を促進します。
そのため血流を制限させることで、激しい運動を行った時と同じ状態の筋肉を作り出せます。

付け根を締めて血流を調整

腕や太ももの付け根を締めて圧力を与えます。
そのことにより血流が制限させ、筋肉をハードな運動を行っているような状態へもっていきます。
「身体に悪くないの?」そんな疑問が浮かびます。
しかし実際に過度な負担を与えているわけではないので、筋肉組織を破壊するわけではありません。
また激しい運動に比べ、じん帯や関節に与える負担も軽くなります。

止血の心配はありません

専用の加圧ベルトで加圧を行います。
そのため完全に血流を止めてしまうわけではありません。
加圧トレーニングを行うと、加圧されている手のひらや腕が赤くなります。
しかしこれは止血されているからではなく、普段は使用していなかった血管には血流が行き渡った証拠です。

筋肉を豊富に作れるトレーニング

加圧を行っている状態でトレーニングをすることで、日常では使用していなかった筋繊維にまで刺激を与えられます。
そのため筋肉に乳酸が蓄積されていき、成長ホルモンの分泌も期待できます。
そして血流を制限している腕や脚という一部分だけではなく、全身の脂肪に働き、分解され、筋肉へと変えていけます。

万能な加圧トレーニング

加圧トレーニングとは、これまではウエイトトレーニングでしか得られなかった効果を短時間かつ、軽い運動で実現できます。
しかし専門的な知識も必要になるので、トレーナーの指示を仰ぎながら正しい方法で行いましょう。

加圧トレーニング
Copyright(C)2015 知っておこう!加圧トレーニングの危険性 All Rights Reserved.